中小企業のデジタルシフトをサポートする
ICT支援部

0120-958-270平日9:45-17:30(土日祝除く)

license-agreement

プログラム使用許諾規約

HOME > プログラム使用許諾規約

プログラム使用許諾規約

第1条(定義)

このプログラム使用許諾規約(kintone版)(以下「本規約」といいます。)において使用する用語の定義は、次の各号に定めるとおりとします。

「本契約」とは、本アプリの使用に関して本規約に基づき当社と契約者との間で締結されるプログラム使用許諾契約をいいます。

「当社」とは、株式会社船井総合研究所をいいます。

「契約者」とは、当社との間で本契約を締結して本アプリを使用する者をいいます。

「サイボウズ」とは、サイボウズ株式会社をいいます。

「kintone」とは、サイボウズがクラウドサービスとして提供する業務改善プラットフォームをいいます。

「本アプリ」とは、当社が作成したkintone上で動作する業務管理用のアプリケーションプログラム及び本アプリケーションプログラムの機能を拡張するプラグインプログラムをいいます(その理由を問わずアプリケーションプログラム又はプラグインプログラムの名称又は内容が変更された場合、当該変更後のものを含みます)。

「本仕様」とは、本アプリのユーザーインターフェース、機能、使用方法、対応端末、その他の要素に係る当社所定の仕様をいいます。なお、別途当社の指定のない限り、本仕様はkintoneの仕様に準じます。

「本環境」とは、本アプリを使用することができるkintone環境をいいます。

「代金」とは、本アプリを使用するために契約者が当社に対して支払う対価をいいます。

「知的財産権等」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、不正競争防止法上の権利その他一切の財産的又は人格的権利をいいます。

 

第2条(使用許諾)

本アプリの使用希望者から当社に対し当社所定の方式による申込(本規約及びサイボウズ所定のkintoneライセンス条項のすべての内容への同意を含みます。)がなされ、当社が当社所定の審査を行いその任意の裁量によりこれを認める場合には、当社が適切と判断する方法(書面又は電子メールの送信等)で当該使用希望者に対して通知します。この通知をもって当該使用希望者と当社との間で本契約が成立するものとします。

本契約の締結をもって、当社は、本契約期間中、契約者(その役員、従業員その他契約者と雇用関係又はそれに類する関係にある業務従事者を含みます。)に対し、本規約に従い、契約者内部の業務に使用することのみを目的として本アプリを使用することを許諾します。

本契約が成立した場合には、当社は、速やかに、契約者に対し、本アプリを圧縮ファイルの形式にて提供した上、契約者の指示により当社が本環境へ本アプリを追加します。

当社は、本アプリのカスタマイズ、保守、管理及びバージョンアップの義務を負うものではありません。

契約者は、本環境の用意、セキュリティの確保(コンピュータウィルス等の有害なプログラムに対する予防措置及びその他の情報セキュリティのための措置を含みます。)、kintoneの使用許諾その他本アプリを第2項の規定に従って使用するために必要となる環境を、自らの責任と費用において整備するものとします。その環境の整備が不完全であること又は設置もしくは運用に不具合が生じたことに起因して契約者が本アプリを正常に使用できず又は契約者に損害が生じたとしても、当社は、一切の責任を負わないものとします。

契約者が本アプリを使用して入力したデータについては契約者の責任と負担において管理するものとし(データの適時の保存及びバックアップ措置を含みます。)、本アプリの誤作動又は作動停止等により当該データが消失した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

 

第3条(保証及び責任の制限)

当社は、本アプリが本契約締結時点(本アプリをカスタマイズせずに現状有姿のまま本環境に追加した時点)において、本仕様における本環境下で稼働することのみを保証します。同事項以外について、当社は、次の各号を含め、本アプリの品質及び機能につき、いかなる保証も行うものではなく、本アプリの使用に関して契約者に損害(データの消失又は毀損及び契約者の機会損失又は逸失利益等を含みます。)が発生した場合でも、当社は契約者に対して、一切の責任を負わないものとします。

本アプリの使用に起因して契約者が使用する内部規則装置を搭載したハードウェアシステム又はそのオペレーティングシステムもしくは契約者が使用するハードウェアシステムにインストールされている他のプログラムに不具合や障害が生じないこと

本アプリが正確かつ完全であること(バグを含む瑕疵又は欠陥のないことを含みます。)

本アプリが本環境において間断なく作動すること

本アプリが契約者の特定の目的に適合し、有用であること

本アプリが契約者に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合すること

本アプリに入力された情報が消滅、毀損しないこと

本アプリがkintoneのバージョン又は仕様変更後も稼働すること

当社は、前項柱書に反して本契約締結時点で本アプリが正常に稼働しなかった場合には、代品を第2条第3項に定める方法により提供するものとします。ただし、契約者は、当該代品の納入について全面的に協力します。

第1項柱書及び前項の規定にかかわらず、本アプリが正常に稼働しなかった原因又は本アプリに入力された情報が消失した原因が次の各号に該当する場合又は契約者の本契約違反に起因する場合には、当社は契約者に対して一切の責任を負いません。

本アプリが第三者のアプリケーションプログラム等と組み合わせて使用されたこと等に起因した場合

本アプリが当社所定の環境以外で使用された場合

本アプリがカスタマイズされた場合

契約者が本アプリに入力された情報をバックアップしていなかった場合

その他当社の帰責事由によらない場合

本条の規定は、本アプリに関する当社の一切の責任を規定したものであり、当社は、請求原因の如何を問わず、本条の規定以外に一切の責任を負わないものとします。また、本条の規定による場合又は本契約の規定にかかわらず、本アプリの使用に関して当社が契約者に対して法律上損害賠償義務を負うこととなった場合でも、その賠償の対象範囲は、当該原因行為により契約者に直接かつ現実に発生した相当因果関係の範囲内の通常の損害に限られるものとし、当社、名称及び種類のいかんにかかわらず、特別損害、付随的損害、間接損害、懲罰的又は派生的損害(逸失利益、データ消去、事業中断等による損害、信用損害、契約者の第三者に対する損害賠償義務を含みますがこれらに限定されるものではありません。)について一切の責任を負わないものとします。

前項の規定に基づき当社が契約者に対して法律上損害賠償義務を負う場合、その賠償額の総額は、契約者が第4条(代金の支払)の規定に基づき当社に対して支払った本アプリの代金相当額を超えないものとします。

 

第4条(代金の支払)

契約者は、当社に対し、本アプリの使用の対価として、当社所定の代金を、当社所定の支払方法に従って、当社所定の支払期日までに支払うものとします。なお、銀行振込手数料その他支払に要する費用は、契約者の負担とします。

契約者が代金の支払をその期日に遅延した場合、支払済まで年6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

 

第5条(禁止行為)

契約者は、本規約において明示的に禁止されている行為の他、以下の各号のいずれかに該当し又は該当すると当社が判断する行為をしてはならないものとします。

本アプリの仕様上予定された範囲を超えての改変その他本アプリの内容の同一性を失わせる行為

本アプリを第2条第2項に定める目的以外に使用する行為

本アプリを全部又は一部を問わず第三者に譲渡、貸与(使用許諾を含みます。)、担保提供その他の処分をする行為

本アプリにリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブラその他本アプリ(そのソースコード又はオブジェクトコードを含みます。)を解析又は探索しようと試みる行為

本アプリを複製、翻案、公衆送信(自動公衆送信の場合にあってはそのために必要な送信可能化も含む。)、その他著作権を侵害する行為

サイボウズが定めるライセンス条項、利用規約その他kintoneを使用するに当たり契約者が遵守すべき事項に違反する行為

契約者の役員、従業員その他契約者と雇用関係又はそれに類する関係にある業務従事者以外に本アプリを使用させる行為

公序良俗に反する行為

契約者に適用のある法令、契約者が所属する業界団体の内部規則に違反する行為

当社又は第三者の知的財産権等、プライバシー権、名誉権、信用、その他一切の権利又は利益を侵害する行為

前各号の行為を直接又は間接に惹起し又は容易にする行為

その他当社が不適切と判断する行為

第6条(知的財産権等)

本アプリの知的財産権等は、サイボウズが保有するものを除き、全て当社に帰属します。本契約の締結によって、本アプリに関する当社の知的財産権等が契約者に譲渡され又は本規約において明示的に契約者に付与された権利以外の権利が契約者に付与されるものではありません。

 

第7条(第三者の権利侵害)

本アプリが第三者の知的財産権等を侵害するものであるとして、第三者との間で紛争が生じた場合、当社及び契約者は、直ちにこれを相手方に通知するものとします。

契約者は、前項の紛争の処理にあたり、当社に対し、実質的な参加の機会及び紛争を処理するために必要な権限を与え、並びに必要な協力を行うものとします。

第1項の紛争によって本アプリを使用することができなくなり又は契約者に損害が生じた場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。

 

第8条(不可抗力)

当社は、法令の制定改廃、天災地変、停電、本環境への不正アクセス、契約者のオペレーションシステム又はkintoneの仕様変更・不具合・ライセンス提供の停止等その他当社の責によらない不可抗力に基づく事由により契約者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

 

第9条(情報の取扱い)

契約者は、本契約に関連して当社が契約者に対して秘密に扱うことを指定して開示した本アプリに関する情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、本契約の目的以外に使用せず、また、第三者に開示しないものとします。

当社は、契約者が本アプリに入力した情報のうち、個人情報(個人情報の保護に関する法律が定める用語の例による)以外の情報について、本アプリの利用最適化のための当該契約者への情報提供や当社が別途契約者と合意した場合に行う当該契約者に対する支援業務等の目的で取得・使用することがあります。

 

第10条(反社会的勢力の排除)

契約者は、当社に対し、自己が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下併せて「反社会的勢力」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを保証します。

反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること

反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

自己又は第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を使用していると認められる関係を有すること

反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

契約者は、当社に対し、自ら又は第三者を使用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを保証します。

暴力的な要求行為

法的な責任を超えた不当な要求行為

取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為

その他前各号に準ずる行為

契約者が反社会的勢力もしくは第1項各号のいずれかに該当し、もしくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項の規定に基づく表明・保証に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、契約者は、本契約に基づき当社に対して負担する一切の債務について当然に期限の利益を喪失し、当社は、何らの催告なくして、直ちに本契約を解除することができます。

当社が前項による解除を行う場合でも、契約者は、本アプリの使用の有無を問わず、代金全額の支払義務を免れないものとします(既に代金を支払済みの場合、当社はこれを契約者に返還しないものとします。)。

 

第11条(紛争処理及び損害賠償)

契約者は、故意又は過失により本契約に違反し当社に損害を与えた場合、これを賠償するものとします。

契約者が、本アプリの使用に関連してその顧客その他の第三者との間で紛争が生じた場合、契約者の費用と責任において当該紛争を処理するものとします。但し、第7条に該当する場合は、同条の規定に従うものとします。

契約者は、前項の紛争の処理にあたり、当社に対し、実質的な参加の機会及び紛争を処理するために必要な権限を与え、並びに必要な協力を行い、また当社の指示に従うものとします。

 

第12条(契約期間)

本契約は、契約期間の定めのない契約とします。ただし、契約者とサイボウズとの間のkintoneの利用に係る契約が終了した場合又は次条(期限の利益喪失・解除)もしくは第14条(解約)により本契約が解除又は解約された場合は、本契約は直ちに終了します。

 

第13条(期限の利益喪失・解除)

契約者が本契約に違反し、当社が相当期間を定めて催告したにも拘わらず是正されない場合(但し、本規約に別段の定めのある場合を除きます。)には、契約者の本契約上の債務は期限の利益を失い、当社は直ちに本契約を解除することができます。

前項の規定にかかわらず、契約者が次の各号の一に該当した場合、契約者は本契約に基づき当社に対して負担する一切の債務について当然に期限の利益を喪失し、当社は、何らの催告なくして直ちに本契約を解除することができます。

信用状態が悪化した場合

事業の継続が困難になった場合

実質的支配関係が変化し従前の事業主体との同一性が失われた場合

当社に対する重大な背信行為があった場合

第5条(禁止行為)に違反した場合

その他当社が本アプリの使用を適当でないと判断した場合

当社が本条による解除を行う場合でも、契約者は、本アプリの使用の有無を問わず、代金全額の支払義務を免れないものとします(既に代金を支払済みの場合、当社はこれを契約者に返還しないものとします。)。

 

第14条(解約)

契約者は、本契約の有効期間中いつでも1か月前の予告をもって本契約を解約することができます。その場合でも契約者は、本アプリの使用の有無を問わず、本契約の代金全額の支払義務を免れないものとし、既に代金を支払済みの場合、当社はこれを契約者に返還しないものとします。

 

第15条(本契約終了後の措置)

事由のいかんにかかわらず本契約が終了した場合、契約者は、直ちに、本環境から本アプリを消去し、以降、本アプリを一切使用しないものとします。本契約終了後も、本環境に本アプリが存在する場合、契約者は本アプリを使用したものとみなします。

契約者は、当社が求めた場合は、前項の消去を実施したことを証明するため、別途当社所定の文書に所定の事項を記入し、当社に提出するものとします。

本契約が終了した後であっても、第7条(第三者の権利侵害)、第9条(秘密保持)、第11条(紛争処理及び損害賠償)、第15条(本契約終了後の措置)、第17条(分離条項)、第18条(完全合意)、第19条(管轄)及び当社の免責に関する規定はなお効力を有するものとします。

 

第16条(届出事項)

契約者は、商号もしくは名称、氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号その他本アプリの使用に関する当社への届出事項の内容に変更があった場合には、速やかに当社に対し変更の届出をするものとします。なお、速やかに当該届出がされなかったことで、契約者への通知の遅延・不達等により契約者が不利益を被ったとしても、当社は契約者に対して一切の責任を負わないものとします。

 

第17条(分離条項)

本契約の条項のいずれかが何らかの法令と抵触するときは、後者が優先し、本契約の当該条項はかかる抵触を除去するのに必要な限りで制限又は削除されるものとします。この修正又は削除によっても本契約のその余の条項には影響を与えず、本契約自体は完全な効力を有するものとして継続するものとします。

 

第18条(完全合意)

本規約は、本契約に関連する当社及び契約者の完全なる合意を構成し、本契約の締結以前に当社及び契約者間でなされた本契約に関連するいかなる口頭又は書面による合意も、全て本規約に取って代わられます。

 

第19条(管轄)

本アプリに関連して契約者と当社の間で紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第20条(規約の変更)

当社は、あらかじめ契約者の承諾を得ることなく、いつでも本規約の内容を変更することができるものとします。

当社は、本規約の内容を変更した場合には、速やかにその変更内容を電子メール、FAX、郵送その他これらに準ずる方法で契約者に通知し、又は当社のWEBサイト上への掲載その他合理的な告知方法により告知し、同通知又は告知において指定された期日以降において変更の効力が発生します。なお、契約者が同期日以降に本アプリを利用した場合には、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

以上

 

COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

マーケティング

デジタル時代に相応しいカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の作り方

ワークスタイル

売上アップと業務効率化を両立させるには分業化と情報共有

ワークスタイル

令和時代に最も重要となる経営指標とは?

ワークスタイル

情報共有の失敗は、社員の働く意識に悪影響。チェックする際の3つのポイント

マーケティング

デジタルマーケティングの第一歩とは?

マーケティング

店舗型ビジネスに不可欠なGoogleMap対策

ワークスタイル

採用力向上につながるオフィスリニューアル!なぜ30名の無名企業が県内就職人気企業ランク6位になれたのか?

ワークスタイル

女性社員の採用と定着率アップにつながるオフィス環境作りのポイント

マーケティング

ダイナミックプライシングで売上がアップする時代の到来

マーケティング

中小企業に役に立つ、最新の宇宙ビジネス事例を大公開!

マーケティング

経営者が意識するべき新しい指標!生涯価値(LTV)で戦略を考えよう

セキュリティ

情報セキュリティで注意したい5つの経営リスク

ワークスタイル

社員本来の力を引き出す!モチベーションが上がるオフィス創りの3つのポイント

ワークスタイル

中小企業こそ”テレワーク”で働き方改革すべき!残業時間41%削減しながら業績UPできた生産性向上の切り札

マーケティング

中国版LINEと言われるWeChatを提供するテンセントから学ぶプラットフォーム戦略とは?

マーケティング

デジタルマーケティング戦略で企業は何を目指すのか?

ワークスタイル

デジタルが当たり前になると変化するお客様との接し方

ワークスタイル

今流行りの “RPA” 導入で失敗しないために注意したい3つのこと

マーケティング

2019年これだけは押さえておくべき デジタルマーケティング

マーケティング

『3A』概念を知ることが、 WEBマーケティング成功の肝!

マーケティング

Google AIを活用して、デジタルマーケティング・ Webマーケティングを加速させるために

ワークスタイル

社員の生産性を高めるオフィス環境を創りませんか?

ワークスタイル

脱Excelの顧客管理・案件管理術! クラウドを活用して業務を劇的に効率化する方法

マーケティング

【重要】 2019これだけは押さえておきたい デジタルシフトのキーワード

マーケティング

2019年こそデジタルシフトを!デジタルシフトで失敗しない5つのポイント

セキュリティ

激増するサイバー攻撃の被害 「中小企業だから狙われない」は真っ赤なウソ!?