中小企業のデジタルシフトをサポートする
デジタルイノベーションラボ

0120-958-270平日9:45-17:30(土日祝除く)

COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

HOME > マーケティング > 全業種可能!アフターコロナを生き残るサブスクリプションビジネスとは?

全業種可能!アフターコロナを生き残るサブスクリプションビジネスとは?

アフターコロナ後の新しい取り組みとして、
最近弊社でもサブスクリプションサービス(以下サブスク)に関するお問い合わせが増えてまいりました。
 
ただ、まだまだ多くの方がサブスクビジネスを正しく理解されていないことがございます。
 
まず結論から言うと、
今のビジネスに対して、変化する必要を感じている経営者のみなさま、60分だけお時間をいただけませんでしょうか??
 
60分の弊社主催のセミナーにて、サブスクビジネスの説明やレクチャーをさせていただきます。
 
 
さらになんとセミナー参加者さま限定で
サブスクビジネススタートアップ無料診断を実施
させていただきます。
ぜひご参加をお待ちしております。
 
ただ、まだお悩みの方も多くいらっしゃるかと思います。
そんな方は続きをお読みください!
 
——————————————————————–
 
みなさまはサブスクビジネスを
「利用料金の分割払いサービス」と認識しておりませんでしょうか??
 
サブスクを様々な方が定義されておりますが
私としては
【定額利用料金の対価として顧客へサービス利用の権利を提供するモノ】
と定義しております。
 
ここで重要なことはモノやサービスを提供するのではなく【権利】を提供することが重要になります。
ここが既存の定期購入や定額利用と異なる部分で、ヘビーユーザーもいれば、ライトユーザーもいるため、
マネタイズが成立することになります。
 
これまでのビジネスと収益構造が違うのもポイントになります。
 
※従来のPLイメージ

 
※サブスクでのPLイメージ

 
 

【サブスク導入後の企業へのメリット】

(1)成熟産業への差別化ポイント
(2)新規依存ではなく既存客主体の収益化(ストック収益)
(3)データ分析による新規/追加提案が可能

 
この上記のメリットを我々のクライアントで実際にスタートした、
美容室が始めた「ヘアカラーし放題サブスク」をベースに考えてみます。
 
 
(1)まず美容室業界はオーバーストア化が進んでいる
成熟産業化することで、他社と差別化のできていないサロンが倒産、廃業している数が増えております。
(毎年増加しており2019年は過去最高ペース)
 
そんな美容室経営ですが差別化するポイントは
例えば技術面や取扱メーカーなど、複数あるのですが一番わかりやすいのが高価値(お得)/価格となります。
 
ですのでこの状況下で、とある美容室は
「ヘアカラー定額サブスクサービス毎月○○円でヘアカラーし放題!」というサブスクを始めました。
(価格に関してはサブスクビジネスにおいて非常に重要なポイントなのでここでは伏せさせて頂きます)
 
従来の業界構造では、「ヘアカラーは都度料金を支払うもの」という当たり前の概念がありましたが、
このサービスを打ち出す時点で差別化に成功するのです。
(色々ポイントはありますが詳細は伏せさせて頂きます)
 
 
(2)について、理美容業界ではエリアや規模によって多少変化はあるものの、
ある程度新規客に依存したビジネスモデルであると言えます。
(世の中のほとんどのサービスが新規依存型でもあります)
 
なぜならば、まずこれをお読みいただいているみなさま自身は、
美容室を利用した際、次回のサロン予約をどれほどの方が取られていますか?
また料金に関しては基本的に都度払いではないでしょうか?
 
サブスクにシフトしていくことで一番のメリットは、
「来月いくらの売上が入るのかを先立って可視化できること」がポイントになります。
 
またこれまでの顧客を会員(=一定の料金を継続的に支払ってくれる顧客)として取り扱うことができるので、
今の既存のサービスの価値も可視化することになります。
 
美容室経営でいうならばヘアカラーというメニューをサブスク化することで、来月の売上見込みを立てるだけでなく、
サブスクを契約している限りその顧客は生涯顧客として通い続けてくれることになるのも、
会員化として重要な指標と言えるのではないでしょうか?
 
(3)に関しては、サブスクサービスをスタートする際にどのツール(プラットフォーム)を利用するかが重要になり
単純に月額課金してくれるペイメントサービスだけではなく、顧客の利用状況や動向、嗜好性を可視化できるものや、
こちら側からキャンペーンやお知らせを配信できるもの、
また外部の予約サービスやシステムと連携するものが必要となってきます。
 
実際に導入している美容室ではサブスクプラットフォームを導入して、
お客様や現場スタッフの利便性を向上するだけでなく
メッセージの配信機能などを利用してトリートメントや物販の提案をおこない、
プラスの売上に繋げたり来店頻度が落ちてきた離脱しそうな顧客へリピート提案を行ったりされていらっしゃいます。
 
これまでリアル(アナログ)では提案できなかった部分を、サブスクを導入することで可視化することができ、
サブスク以外の既存ビジネスとのシナジー効果も生まれています。
 
まだまだ他にもサブスクを導入するメリットはあるのですが、
ここからはサブスクビジネスを始める上で成功するための2つのポイントをご紹介します。
 
(1)プライシング(価格設定/サービス設計)
(2)事業計画(投資シミュレーション及び利益計画)

 
上記が非常に重要で、サブスクにおいては大きな肝となります。
 
(1)に関してはエンドユーザーに提示する価格が
エンドユーザーのイメージする負担(定価)よりも低ければ低いほど、お得さを感じて利用欲が上がります。
 
一方で事業者目線からすればこの価格を高く持てば持つほど、
単一ユーザーあたりからの獲得金額が高くなり、利益に繋がりますが、おそらくユーザー数が伸び悩み、
あまり大きなボリュームになることなくそのビジネス自体が衰退していくでしょう…
ですから、理想はきちんとユーザーに支持される金額であること+利益のとれる価格に設定することが大事であり、
ここを間違えると将来性がなくなってしまいます。
 
(2)事業計画づくりに関しては具体的に目標ユーザー数の設定に加えて
そのユーザー数に到達するまでのスケジュール、
そこまでにかかるコストやシステム機能の付加などを計算する必要があります。
 
基本的にサブスク自体はユーザー獲得を先行して行うことが必要なので、
ある時期までは収支としてはマイナスになりますが、
反対に到達点を超えるユーザー数になると利益化に成功するモデルになります。
 
よってこの計画をなるべく正確に設定し、ズレがあったときは適した基準のもと修正する必要があります。
 
 
ここまでお読みいただきありがとうございます。
 
文章にすると難易度の高いビジネスという印象もあるかもしれませんが、決してそうではありません。
まずビジネスではどの業種でも市場性×競合性が重要になるかと思いますが
サブスク市場は成長が見込まれていることに加えて、競合がまだどの分野においてもあまり存在せず、
参入する時期としてはぴったりかと思います。
 
直近の業績アップといった意味でも、既存客とのシナジー効果を見込むことができ、
かつサブスク事業単体でも成長が見込める良いタイミングとなります。
 
ではなぜ?
サブスクビジネスが広がらないのか?
 
こちらは、まず単純に日本ではまだまだ導入期のフェーズであることが理由として挙げられます。
サブスク周辺のサービス(ペイメントやブプラットフォーム)が整備されていないことと
事例数が既存業種に比べて少ないこと、
そして運用を含めたノウハウを持つ人間が少ないことから浸透に時間を要していると考えられます。
 
ですが今後アフターコロナを含めた日本経済では
個人のありとあらゆる消費がまずはキャッシュレス化され、加えてサブスク化することで
一人当たりのありとあらゆる消費がサブスク化されていくと予想されます。
 
今、日本経済では、あらゆる業種で先行企業が一番店、トップシェアとして位置していることが多く、
このセオリーは今後も変わらないものでしょう。
ですがサブスク化することでこのポジション自体が大きく変化していくことになるかと思います。
 
まずはサブスクにご興味がある方、
または今よりもビジネスを大きく拡大していきたい成長志向のある方は、
ぜひ弊社主催のセミナーまたは無料経営相談をご活用いただき、
無料サブスク診断をご活用くださいませ。

【webセミナー】サブスクで攻めるアフターコロナ成長セミナー


詳細・お申し込みはこちら⇒https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062884
 
 

最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。
COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

マーケティング

ファインド広告について

ワークスタイル

中小企業のテレワーク導入を成功させる必須ツール

マーケティング

DX事例2選!中小企業のデジタル化を成功させるポイントとは?

マーケティング

175の業種×サブスクビジネス!アフターコロナを生き残るサブスクリプションビジネスとは?

マーケティング

業績伸び悩みの突破口は「サブスク」

マーケティング

成熟産業こそ取り入れるべき、流行りの●●

マーケティング

サブスクと分割払いの違いは?

マーケティング

撤退したサブスク事業の”盲点”はココ

意外と知られていないレスポンシブ検索広告

マーケティング

全業種可能!アフターコロナを生き残るサブスクリプションビジネスとは?

マーケティング

コンテンツマーケティングとは?概要や運用方法・メリットなど徹底解説

マーケティング

カスタマージャーニーの意味やメリットとは?作成ステップや活用方法も解説

マーケティング

デジタルマーケティングの意味や特徴は?主な手法や導入方法と成功ポイント

ワークスタイル

中小企業のシステム導入は難しい?システム導入が成功する企業の3つの特徴

マーケティング

業績が好調な企業とは?サイトの流入数を高める4つのステップ

マーケティング

【必須】リスティング広告を配信する際に必要な前準備とは

ワークスタイル

あなたのオフィスは19世紀的考え方で作られていませんか?業績向上に繋がる最新のオフィスの考え方

ワークスタイル

【変革事例】オフィスリニューアルで満足度・生産性向上!

マーケティング

Webサイト流入数を増やす!ディスプレイ広告の効果的なクリエイティブ活用

マーケティング

最強のマーケティングプラットフォームとは

ワークスタイル

新たなアイデアが生まれるイノベーションオフィスの作り方

マーケティング

「メルマガ」から「LINE@」への媒体アップデートがもたらす効果

ワークスタイル

働き方改革の時代だからこそ考えなければならない「人時生産性」という指標とは?

マーケティング

デジタル時代に相応しいカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の作り方

ワークスタイル

売上アップと業務効率化を両立させるには分業化と情報共有

ワークスタイル

令和時代に最も重要となる経営指標とは?

ワークスタイル

情報共有の失敗は、社員の働く意識に悪影響。チェックする際の3つのポイント

マーケティング

デジタルマーケティングの第一歩とは?

マーケティング

店舗型ビジネスに不可欠なGoogleMap対策

ワークスタイル

採用力向上につながるオフィスリニューアル!なぜ30名の無名企業が県内就職人気企業ランク6位になれたのか?

ワークスタイル

女性社員の採用と定着率アップにつながるオフィス環境作りのポイント

マーケティング

ダイナミックプライシングで売上がアップする時代の到来

マーケティング

中小企業に役に立つ、最新の宇宙ビジネス事例を大公開!

マーケティング

経営者が意識するべき新しい指標!生涯価値(LTV)で戦略を考えよう

セキュリティ

情報セキュリティで注意したい5つの経営リスク

ワークスタイル

社員本来の力を引き出す!モチベーションが上がるオフィス創りの3つのポイント

ワークスタイル

中小企業こそ”テレワーク”で働き方改革すべき!残業時間41%削減しながら業績UPできた生産性向上の切り札

マーケティング

中国版LINEと言われるWeChatを提供するテンセントから学ぶプラットフォーム戦略とは?

マーケティング

デジタルマーケティング戦略で企業は何を目指すのか?

ワークスタイル

デジタルが当たり前になると変化するお客様との接し方

ワークスタイル

今流行りの “RPA” 導入で失敗しないために注意したい3つのこと

マーケティング

2019年これだけは押さえておくべき デジタルマーケティング

マーケティング

『3A』概念を知ることが、 WEBマーケティング成功の肝!

マーケティング

Google AIを活用して、デジタルマーケティング・ Webマーケティングを加速させるために

ワークスタイル

社員の生産性を高めるオフィス環境を創りませんか?

ワークスタイル

脱Excelの顧客管理・案件管理術! クラウドを活用して業務を劇的に効率化する方法

マーケティング

【重要】 2019これだけは押さえておきたい デジタルシフトのキーワード

マーケティング

2019年こそデジタルシフトを!デジタルシフトで失敗しない5つのポイント

セキュリティ

激増するサイバー攻撃の被害 「中小企業だから狙われない」は真っ赤なウソ!?