中小企業のデジタルシフトをサポートする
デジタルイノベーションラボ

0120-958-270平日9:45-17:30(土日祝除く)

COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

HOME > マーケティング > 【必須】リスティング広告を配信する際に必要な前準備とは

【必須】リスティング広告を配信する際に必要な前準備とは

これだけは設定いただきたい、コンバージョン設定

お世話になっております。船井総合研究所の渡邊です。
 
私からは今回、リスティング広告を運用されている方、今後検討している方へ「これだけは設定いただきたい、コンバージョン設定について」というテーマでICT支援部の取り組みをご紹介させていただきます。
 

今回お伝えさせていただきたいこと

 
・そもそも、コンバージョンとは
・コンバージョン設定をすると何ができるようになるのか
・コンバージョン情報を参考にした改善策(一例)
・コンバージョン設定ができていないとどうなるのか
・設定方法
 
になります。それぞれ一つずつご説明させて頂けたらと思います。
 

そもそも、コンバージョンとは

コンバージョン(CV)とは、直訳すると、「転換」といった意味で、Webマーケティングの分野では、Webサイトの成果を指しております。
業種によっても変わりますが、具体的な例だと
 
・商品購入
・電話問い合わせ
・メール問い合わせ
・資料請求
 
などをコンバージョンとして設定している方が多いです。
 

コンバージョン設定をすると何ができるようになるのか

コンバージョン設定をすると何が成果に繋がったのか明確にすることができます。
 
もう少し具体的にお伝えすると、成果に繋がったユーザーの
 
・検索語句
・クリックした広告文
・デバイス、地域
(一部のユーザーは性別、世帯年収、年齢も取得可能)
・どのページをいつ、どれくらい見たか
 
などがわかります。
 
いつ、何が、どれくらいの費用対効果で成果に繋がったのかを明確にするだけで、逆に成果に繋がっていないものは何かを可視化する事にもなります。
ですので、広告を運用する際は必ず設定させていただいております。
 
Googleアナリティクス(左)、Google広告(右)の管理画面上からはこの様な形で可視化することができます。
 

コンバージョン情報を参考にした改善策(一例)

コンバージョン設定ができたアカウントを具体的にどの様に改善しているか、あくまでまた一例にはなりますがご紹介させていただきます。
 
・成果に繋がらないキーワードの停止。またはマッチタイプを絞り込み。
・ランディングさせるページの変更
・成果に繋がった広告文を軸に、他の広告文をリライト
・成果に繋がりにくい配信エリアの絞り込み
・成果に繋りにくい年齢を除外設定
 
他にも様々な改善施策があるのですが、上記の様な事をして、最適な広告運用を図っています。
 

コンバージョン設定ができていないとどうなるのか

改善をする上で絶対に必要なコンバージョン設定ですが、逆に設定しないとどの様な課題が発生するかもご紹介させていただきます。
 
・何が成果に繋がっているのかわからない為、仮説でしか調整できない
・成果が良い月と悪い月の比較をしても獲得クリック数までしかわからず、闇雲にクリック数だけ伸ばしてしまう
・何故成果が出ているのか、出ていないのか仮説が立てられないので改善施策が進まない
 
という事が起きると思います。ですので、費用対効果の良いアカウント運用はコンバージョン設定無しにはスムーズに進まないでしょう。
 

設定方法

最後に、設定方法を紹介させて頂きます。
完了までのステップは大きく分けると4つです。
 
①Googleタグマネージャーを開設
②発行したタグをHPに埋め込み
③タグマネージャーにコンバージョンポイントの設定
④Google広告、Yahoo!プロモーション広告、Googleアナリティクスと連携
 
になります。一つずつ記載させていただきます。

①Googleタグマネージャーを開設

まず、「Googleタグマネージャー」と検索し、タグの新規作成を行います。
 

②発行したタグをHPに埋め込み

タグマネージャーの初期登録が完了すると下記画像の様なコードが出てきます。このコードを、タグマネージャーの案内通りHPに埋め込んでいきます。
 

③タグマネージャーにコンバージョンポイントの設定

正確にはトリガーの設定と言いますが、下記の画面を編集するイメージです。
 

④Google広告、Yahoo!プロモーション広告、Googleアナリティクスと連携

正確にはタグ設定と言います。接続先のツールを指定し、下記画像の様な形で編集します。
 

 
 
以上となります。
 
いかがでしたでしょうか?
慣れないうちは少し難しく感じる箇所もあると思いますが、一度設定すればあとは自動で成果に繋がった情報が溜まります。
 
まだ設定していない方は是非ご活用頂けたらと思います。
 
ICT支援部 渡邊達陽
 

最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。
COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

マーケティング

175の業種×サブスクビジネス!アフターコロナを生き残るサブスクリプションビジネスとは?

マーケティング

業績伸び悩みの突破口は「サブスク」

マーケティング

成熟産業こそ取り入れるべき、流行りの●●

マーケティング

サブスクと分割払いの違いは?

マーケティング

撤退したサブスク事業の”盲点”はココ

意外と知られていないレスポンシブ検索広告

マーケティング

全業種可能!アフターコロナを生き残るサブスクリプションビジネスとは?

マーケティング

コンテンツマーケティングとは?概要や運用方法・メリットなど徹底解説

マーケティング

カスタマージャーニーの意味やメリットとは?作成ステップや活用方法も解説

マーケティング

デジタルマーケティングの意味や特徴は?主な手法や導入方法と成功ポイント

ワークスタイル

中小企業のシステム導入は難しい?システム導入が成功する企業の3つの特徴

マーケティング

業績が好調な企業とは?サイトの流入数を高める4つのステップ

マーケティング

【必須】リスティング広告を配信する際に必要な前準備とは

ワークスタイル

あなたのオフィスは19世紀的考え方で作られていませんか?業績向上に繋がる最新のオフィスの考え方

ワークスタイル

【変革事例】オフィスリニューアルで満足度・生産性向上!

マーケティング

Webサイト流入数を増やす!ディスプレイ広告の効果的なクリエイティブ活用

マーケティング

最強のマーケティングプラットフォームとは

ワークスタイル

新たなアイデアが生まれるイノベーションオフィスの作り方

マーケティング

「メルマガ」から「LINE@」への媒体アップデートがもたらす効果

ワークスタイル

働き方改革の時代だからこそ考えなければならない「人時生産性」という指標とは?

マーケティング

デジタル時代に相応しいカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の作り方

ワークスタイル

売上アップと業務効率化を両立させるには分業化と情報共有

ワークスタイル

令和時代に最も重要となる経営指標とは?

ワークスタイル

情報共有の失敗は、社員の働く意識に悪影響。チェックする際の3つのポイント

マーケティング

デジタルマーケティングの第一歩とは?

マーケティング

店舗型ビジネスに不可欠なGoogleMap対策

ワークスタイル

採用力向上につながるオフィスリニューアル!なぜ30名の無名企業が県内就職人気企業ランク6位になれたのか?

ワークスタイル

女性社員の採用と定着率アップにつながるオフィス環境作りのポイント

マーケティング

ダイナミックプライシングで売上がアップする時代の到来

マーケティング

中小企業に役に立つ、最新の宇宙ビジネス事例を大公開!

マーケティング

経営者が意識するべき新しい指標!生涯価値(LTV)で戦略を考えよう

セキュリティ

情報セキュリティで注意したい5つの経営リスク

ワークスタイル

社員本来の力を引き出す!モチベーションが上がるオフィス創りの3つのポイント

ワークスタイル

中小企業こそ”テレワーク”で働き方改革すべき!残業時間41%削減しながら業績UPできた生産性向上の切り札

マーケティング

中国版LINEと言われるWeChatを提供するテンセントから学ぶプラットフォーム戦略とは?

マーケティング

デジタルマーケティング戦略で企業は何を目指すのか?

ワークスタイル

デジタルが当たり前になると変化するお客様との接し方

ワークスタイル

今流行りの “RPA” 導入で失敗しないために注意したい3つのこと

マーケティング

2019年これだけは押さえておくべき デジタルマーケティング

マーケティング

『3A』概念を知ることが、 WEBマーケティング成功の肝!

マーケティング

Google AIを活用して、デジタルマーケティング・ Webマーケティングを加速させるために

ワークスタイル

社員の生産性を高めるオフィス環境を創りませんか?

ワークスタイル

脱Excelの顧客管理・案件管理術! クラウドを活用して業務を劇的に効率化する方法

マーケティング

【重要】 2019これだけは押さえておきたい デジタルシフトのキーワード

マーケティング

2019年こそデジタルシフトを!デジタルシフトで失敗しない5つのポイント

セキュリティ

激増するサイバー攻撃の被害 「中小企業だから狙われない」は真っ赤なウソ!?