中小企業のデジタルシフトをサポートする
ICT支援部

0120-958-270平日9:45-17:30(土日祝除く)

COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

HOME > ワークスタイル > 令和時代に最も重要となる経営指標とは?

令和時代に最も重要となる経営指標とは?

売上総利益、営業利益率、ROE・・・など
チェックしておきたい経営指標は山ほどあります。

これからの時代に、最も意識しておきたい経営指標は、、、

「人時生産性」

です。

人時生産性とは、1人あたり・時間あたりの生産性です。
計算式にすると、粗利÷総労働時間で算出することができます。

これまで日本企業は、労働時間度外視で、とにかく売上や粗利を上げることに邁進してきました。営業時間を24時間に延ばしたり、正月やお盆も営業するようにしたりと、まさに“モーレツ”に働いて、売上や粗利を伸ばしてきました。

これはこれで良かったのです。こうすることで日本企業は成長してきたことも事実です。

しかし、働き方改革が叫ばれる中、長時間労働を続けていると、世の中の流れに逆行しますし、一番の問題は人が採用できなくなるということです。今の時代、長時間労働を強いる企業は“「ブラック企業”のレッテルを貼られてしまいます。

今、企業に求められるのは、「いかに少ない労働時間で売上や粗利を上げられるか」です。

それを最も表している指標が「人時生産性」です。

人時生産性は損益計算書の売上総利益(粗利)を従業員全員の総労働時間で割れば簡単に算出できますから、一度出してみて下さい。

では、人時生産性を上げるにはどうしたらいいのか?

人時生産性を因数分解すると、「粗利」と「総労働時間」に分解することができます。

まず、粗利向上のためには、船井総研の業種コンサルタントが提案するビジネスモデルを採用するのが最も近道です。

さらに、業務プロセスの観点から、粗利向上のボトルネックになっている業務を整理し、システムやRPAで自動化することがポイントになります。

次に、総労働時間ですが、今やっている業務の中で労働時間を大幅に短縮できる業務がないか、洗い出しをする必要があります。業務をこなしている当事者は当然のように必要だと思っていることでも、本当は不要だけどこれまでの惰性で続けている業務も少なくありません。一度、自分たちがやっている業務が本当に必要なのか、効率化できているのかをゼロベースで考える必要があります。

業務が整理できれば、システムやRPAをうまく活用することで、劇的に労働時間を短縮することも可能になります。

働き方改革の成果は、残業時間の削減ではありません。
人時生産性の向上こそが、働き方改革の成果と言えます。

皆さんの会社でも「人時生産性向上」の取り組みを始めてみてはいかがでしょうか?

執筆者:ICT支援部 部長 上席コンサルタント 斉藤芳宜
 
 

最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。
COLUMN

デジタルシフトに役立つコンテンツ

ワークスタイル

【変革事例】オフィスリニューアルで満足度・生産性向上!

マーケティング

Webサイト流入数を増やす!ディスプレイ広告の効果的なクリエイティブ活用

マーケティング

最強のマーケティングプラットフォームとは

ワークスタイル

新たなアイデアが生まれるイノベーションオフィスの作り方

マーケティング

「メルマガ」から「LINE@」への媒体アップデートがもたらす効果

ワークスタイル

働き方改革の時代だからこそ考えなければならない「人時生産性」という指標とは?

マーケティング

デジタル時代に相応しいカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の作り方

ワークスタイル

売上アップと業務効率化を両立させるには分業化と情報共有

ワークスタイル

令和時代に最も重要となる経営指標とは?

ワークスタイル

情報共有の失敗は、社員の働く意識に悪影響。チェックする際の3つのポイント

マーケティング

デジタルマーケティングの第一歩とは?

マーケティング

店舗型ビジネスに不可欠なGoogleMap対策

ワークスタイル

採用力向上につながるオフィスリニューアル!なぜ30名の無名企業が県内就職人気企業ランク6位になれたのか?

ワークスタイル

女性社員の採用と定着率アップにつながるオフィス環境作りのポイント

マーケティング

ダイナミックプライシングで売上がアップする時代の到来

マーケティング

中小企業に役に立つ、最新の宇宙ビジネス事例を大公開!

マーケティング

経営者が意識するべき新しい指標!生涯価値(LTV)で戦略を考えよう

セキュリティ

情報セキュリティで注意したい5つの経営リスク

ワークスタイル

社員本来の力を引き出す!モチベーションが上がるオフィス創りの3つのポイント

ワークスタイル

中小企業こそ”テレワーク”で働き方改革すべき!残業時間41%削減しながら業績UPできた生産性向上の切り札

マーケティング

中国版LINEと言われるWeChatを提供するテンセントから学ぶプラットフォーム戦略とは?

マーケティング

デジタルマーケティング戦略で企業は何を目指すのか?

ワークスタイル

デジタルが当たり前になると変化するお客様との接し方

ワークスタイル

今流行りの “RPA” 導入で失敗しないために注意したい3つのこと

マーケティング

2019年これだけは押さえておくべき デジタルマーケティング

マーケティング

『3A』概念を知ることが、 WEBマーケティング成功の肝!

マーケティング

Google AIを活用して、デジタルマーケティング・ Webマーケティングを加速させるために

ワークスタイル

社員の生産性を高めるオフィス環境を創りませんか?

ワークスタイル

脱Excelの顧客管理・案件管理術! クラウドを活用して業務を劇的に効率化する方法

マーケティング

【重要】 2019これだけは押さえておきたい デジタルシフトのキーワード

マーケティング

2019年こそデジタルシフトを!デジタルシフトで失敗しない5つのポイント

セキュリティ

激増するサイバー攻撃の被害 「中小企業だから狙われない」は真っ赤なウソ!?